• 「冠婚葬祭が重なって、給料日までピンチ!!」
  • 「飲み会に誘われたけど、手元にお金が無い!!」
  • 「明日デートの約束だけど、財布の中が心もとない、彼女にかっこ悪い姿は見せれない!!」

長い人生の中では、誰もがこのような経験をされるでしょう。
どうしても手元のお金が不足する場合、お金を借りる方法としてどのような手段を思いつくでしょう。

 

友人や親に頼み込むのは気が引ける、そもそも貸してくれるかどうかわからない。
そのようなときには、「即日融資対応のカードローン」をおすすめします。

 

最近では「即日融資」、つまり文字通り申込を行ったその日に融資を受けることのできるカードローンが増えています。消費者金融だけでなく、大手銀行などでも即日融資対応のカードローンを商品化し人気を集めています。

 

急な出費が重なったとき、手元のお金が不足するとき、あなたの強い味方となってくれるでしょう。

 

カードローンとは?

そもそもードローンとはどのような仕組みを持ったローンなのでしょうか?「カードローン」とはその名の通り借入専用のカードを使用してお金を借りるローンのことです。

 

審査に合格すると借入専用のカードが発行されますので、そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことでお金を借りることができます。ちょうど銀行のキャッシュカードで現金を引き出す要領ですが、あくまで借金であり自分のお金を引き出すわけではありません。

 

ちなみにATMとは「現金自動受払機」のことで現金の入金と出金の両方を取扱できます。一方CDとは「現金自動支払機」のことでで現金の出金は可能ですが、入金は取扱できません

 

カードローンでは返済もカードを使用することができますが、CDでは借入(出金)はできても返済(入金)は取扱できませんので注意しましょう。

 

最近のカードローンは、融資金の受け取りを指定した金融機関の口座に振り込むサービスにも対応する商品が増えています。インターネットや電話から申込を行うと、早ければ瞬時に銀行などの口座に融資金が振り込まれます。

 

通常振込手数料は発生せず、わざわざ店舗やATMなどに足を運ぶ必要がありません。
「今日は家賃の支払い日だったことを忘れていた、銀行に行く時間が無い!!」
日常生活のこのような場面では、非常にありがたい存在になるのではないでしょうか。

 

カードローンには借入可能な「借入限度額」が設定されています。
基本的に「借入限度額」の範囲内であれば、いつでも自由にお金を借りることができます。

 

一度借入限度額いっぱいまでお金を借りた場合でも、毎月の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を利用して何度でも繰り返しお金を借りることができます。
このような契約方式を「当座貸越契約」と呼び、カードローンの最大の特徴となっています。

 

 

カードローンで借りるお金の使い道(資金使途)は基本的に「自由」です。
借りたお金をどのように使おうかは、利用者の裁量次第です。生活費の足しに、旅行費用に、ブランド品の購入に、その他様々な目的に使用できます。

 

借入の都度、その目的を金融機関に申告する必要もなく、いつでも自由に借入を利用することができますので、自由度の高い借入方法といえるでしょう。

 

ただし基本的にはカードローンは「個人ローン」に分類されるローンです。そのため法人の事業資金や個人事業主の事業資金などには利用することができません。

 

また競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。

 

このような目的で利用したことが金融機関側に判明した場合、即座に一括返済を求められるだけでなく、契約違反として違約金を請求されることもありますので注意しましょう。

 

 

「資金使途が自由で、利用の都度申告しないのでであれば問題ないのでは?」

このように思われる方もおられるかもしれません。
しかし事業資金に使用した場合には、毎年の確定申告で疑問視され税金が課税されることもあります。

 

また万が一返済不能になった場合、資金使途違反のカードローンは免責を受けることができません。つまり自己破産などの手続きを行ったとしても、資金使途違反の借入は最後まで返済を続けていかなければいけないことになります。

 

金融機関側でもなんらかの理由で資金使途を調査することもありますので、契約に定められた違反目的で使用することのないようにしましょう。

 

カードローンが即日融資に最適な理由とは?

このような特徴を持つカードローンが、即日融資に最適な理由とはどこにあるのでしょうか。
利用者側と金融機関側双方の立場から、その理由には主に次の2つを挙げることができます。

 

必要書類が少ない

利用者側の立場からの理由としては、準備する必要書類が少ない点が大きなポイントでしょう。カードローンの申込時の必要書類は、基本的に「本人確認書類」「収入証明書類」の2つです。

 

「本人確認書類」とは「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」など申込者が本人であることを証明する書類です。「収入証明書類」とは「給与明細書」「源泉徴収票」「確定申告書」などの収入を証明する書類です。これらの書類は比較的簡単に準備することができますので、その分申込にかかる時間も短縮できることになります。

 

最近では申込金額が少額の場合には、「収入証明書不要」としている金融機関も登場しています。とくに「総量規制」の対象外である銀行カードローン、その中でも「ネット銀行」のカードローンで、申込金額に応じて収入証明書の提出を不要としている先が多くなっています。

 

しかし審査の過程で要求されることもありますので、できれば事前に準備しておくようにしましょう。それほど準備に手間取るものではありませんので、いざという場合慌てないようにしておきましょう。

 

審査システム

金融機関側の立場からの理由としては、審査システムが大きなポイントです。
最近のカードローンの審査は、ほとんどが「スコアリングシステム」が導入されています。

 

申込者の様々な情報(属性)をスコアリング(点数化)し、その合計で審査の可否を判断しています。

 

ちょうど学校の入学試験と同じ要領で「○○点以上で合格!!」という感じです。

もちろん審査可否の判断はコンピューターが行いますので、スピーディーな回答が可能となっているわけです。

 

 

「属性」には当然ながら「高点数」「低点数」の基準が設けられています。

例えば「公務員なら高点数」「アルバイトなら低点数」という感じで点数化し、コンピューターで自動的に判断されます。

 

審査担当者の主観が全く反映されないわけではありませんが、基本的にスコアリングの点数で審査可否が判断されることになりますので、非常にシビアな結果となることもあります。

 

 

また審査作業の中でも「在籍確認」は審査担当者が直接行います
「在籍確認」とは申込時に申告された勤務先に、申込者が確実に勤務していることを確認する作業です。

 

万が一申告された勤務先を退職していたり、虚偽の先であった場合には、借入後の返済に大きな支障を与える危険性がありますので、在籍確認を行い勤務先を確認するわけです。

 

在籍確認は審査担当者が勤務先に電話をかけることで行ないますので、コンピューターに任せるわけにはいきません。審査担当者は、勤務先にカードローンの利用がばれないように最大の配慮を行ってくれますので安心しておきましょう。

 

また勤務先の電話では必ずしも申込者本人が対応することは求められません。
例えば電話対応の同僚の「○○(申込者)は席をはずしております」という反応でも、在籍確認は完了になります。申告された勤務先に確実に在籍していることが確認できれば完了なのです。

 

通常在籍確認は審査の最終段階で行われます。

金融機関側としても、わざわざ勤務先に電話をかけてまで不合格とする必要が無いためです。在籍確認と思われる電話があれば、希望金額かどうかはともかく、審査には合格したと考えてよいでしょう。

 

逆に在籍確認が完了しなければ、審査も完了できません。
いくら「即日融資」対応といっても、審査結果が出なければ融資を受けることができません。

 

最近では個人宛の電話を一切取り次がない会社も増えています。
なんらかの支障があると思われる場合には、必ず事前に審査担当者と相談しておくようにしましょう。