即日融資ブラックOKに騙されるな!!

お金に困っている方は、どうしても借りたい、借りなければいけない、という精神的心理で追い込まれることもあります。とくに早急にまとまったお金が必要な方は、次のような宣伝に騙されてしまうこともあるでしょう。

 

「ブラックでもOK!!」
「無審査で即融資!!」
「収入が無くても即日融資可能!!」

 

このような宣伝を掲げている金融機関には要注意です。

 

「ブラックOK」は闇金のサイン!!

「ブラック」とは個人信用情報に事故情報が登録されている状態のことを指します。

過去に長期の延滞(概ね2〜3ヶ月以上)や自己破産などの債務整理を起こしている方の情報は、個人信用情報機関に5〜10年間は保存されることになります。

 

一般的な金融機関では、このような情報が確認される方では審査に合格することができません。

 

一方「ブラックOK」という宣伝を掲げている金融機関が存在しているということを考えてみましょう。「ブラック」の方は、再度返済を滞る危険性が高いといえますが、「ブラックOK」ということは、このようなリスクを考慮しない金融機関であるといえます。つまり貸したお金をきちんと返済される必要はない、ということになります。

 

それでは貸金業者として何を目的として貸出を行うのでしょうか。
それは「高い金利収入」を目的としています。つまり金利収入だけを目的とし、いざ返済できなくなると給料の差押え、資産の凍結を強硬に行い、また家族などにも返済を強要してくるという手法を用います。

 

おなじように「無審査でもOK」などと宣伝している金融業者も同様のことがいえます。

 

このような金融業者を「闇金」といいます。
一見魅力ある宣伝に思えますが、一度「闇金」と関係を持ってしまうと、以後の人生に大きな悪影響を与える危険性が高い業者といえます。

 

中には事務所に暴力団関係者が出入りしている金融業者も少なくありませんので、絶対にかかわらないようにしましょう。

 

闇金を見分けるポイント

闇金とは、いわゆる「違法業者」のことです。

正規の金融業者と見分けるには、主に次の1点をチェックするようにしましょう。

 

登録業者であること

貸金業を営む金融業者は、国や都道府県に登録を行い営業許可を得る必要があります。
そこで貸金業者の登録があるかどうかを確認してみましょう。

 

金融庁のホームページなどでも確認できますので、怪しい業者はチェックするようにしましょう。

 

金利の上限を守っているか

貸金業者が貸付を行う際の上限金利は、利息制限法で次のように決められています。

 

・貸付金額10万円未満→実質年利20.0%
・貸付金額10万円以上100万円未満→実質18.0%
・貸付金額100万円以上→実質年利15.0%

 

これ以上の金利で貸付を行うのは違法です。

つまりこれ以上の金利を要求してくる金融機関は違法業者となります。

 

公式サイトや店舗などの実体があるか

違法業者の中には、電話やメールのやり取りだけで済まそうとし、直接窓口での応対などを避ける傾向がある業者も少なくありません。

 

公式サイトに住所や登録番号などが明記されていない、店舗が無いといった金融業者は避けるべきでしょう。実在する登録業者を装い、住所や電話番号を偽る金融業者も存在していますので注意しましょう。

 

個人情報取扱同意書のやりとりがあるか

正式の金融業者であれば、契約前の問い合わせなどであっても、個人情報を他社の漏洩しないことを明示する意味で、公式サイトなどに個人情報保護方針を明記しています。

 

一方闇金の中には、個人情報を他社に流すことで利益を得ている業者もありますので注意しましょう。