即日融資は事業資金でも可能?

個人ローンと異なり、法人や個人事業主の事業資金の融資の申込には、たくさんの書類が必要になります。決算書関係の書類を含めて、代表者関係の書類、会社や代表者の資産関係の書類など、様々な書類を要求されるでしょう。

 

そのため一般的な事業資金の審査には時間がかかり、当日中の融資つまり「即日融資」は難しいといえるでしょう。

 

ただし「即日融資」を希望する場面としては、事業資金がより深刻な状況かもしれません。
突然の取引先の倒産などで、売上が回収できないような場面も考えられます。

 

状況によっては当日中に資金を準備しなければ、企業の存続にもつながるようなこともあるでしょう。はたして事業資金の即日融資は、本当に無理な要求なのでしょうか?

 

事業資金でも即日融資可能な金融機関

一般的な銀行や消費者金融などでは、事業資金の即日融資はまず無理です。
ただし事業資金を専門に取り扱っている金融機関であれば、即日融資も可能な先もあります。

 

「ビジネスローン」と呼ばれる商品を展開しているノンバンクには、即日融資に対応している先もありますんので、情報を集めてみましょう。

 

ビジネスローンとは、無担保・無保証の事業資金用途のローンのことです。

かつては「商工ローン」などと呼ばれていましたが、取り立ての厳しさなどが大きな社会問題となったことから、現在では「ビジネスローン」という表記が主流になっています。

 

即日融資対応のビジネスローンの多くは、カードローン形式となっており、運転資金・設備資金といった様々な用途に使用することができます。

 

一般的なビジネスローンには、直近の決算関係書類が2〜3期分必要です。
そのため事業実績が無い「起業資金」としての利用は難しいとされています。

 

「起業資金」としては公的融資が最適といわれていますが、公的融資には時間がかかるけーすがほとんどですので、まず即日融資を受けることはできないでしょう。

 

その他の必要書類としては、代表者の確認書類や登記事項証明書などが必要となります。
いざという場合慌てないためにも、事前にしっかり確認して申込を行うようにしましょう。

 

ビジネスローンの注意点

無担保・無保証のビジネスローンであれば、審査にもそれほど時間がかからず、十分即日融資を受けることは可能です。ただし、適用される金利は高めで、しっかりした返済計画が求められます。

 

また事業状況が良好でなければ利用することは難しく、たとえば赤字を補てんするための借入などはまず認められることはありません。基本的に無担保・無保証ですが、状況次第では代表者を保証人として要求するケースや、資産を担保として求められることもあります。

 

また法人の場合には、ノンバンクからビジネスローンを利用していることがメインバンク(取引銀行)の知られることで、様々な支障を招くこともあります。最近では少なくなりましたが、融資の貸し渋りや貸しはがしにつながることもありますので注意しましょう。