即日融資カードローンの特徴

あなたがお金を借りたいと考えるとき、どのような条件を最優先に考えるでしょうか。

  • 「いくら借りれるか?」
  • 「金利はいくらか?」
  • 「どのように返済していくのか?」

 

様々な条件がありますが、中でも「いつまでに借りることができるのか?」という条件は、かなりのポイントを占めるのではないでしょうか。

 

お金を借りることができたとしても、必要な時期までに借りることができなければ何の意味もありません。時間的、日数的に余裕があるならともかく、どうしても「この日までに借りなければいけない」という状況であれば、どこで借りるのか、どのように借りるのかをしっかりと考える必要があります。

 

このような場面でおすすめしたいのが、「即日融資」に対応したカードローンです。
最近の金融機関では、様々な個人ローンを商品化していますが、もっとも素早い借入が可能のは、やはり「即日融資対応」のカードローンといえるでしょう。

 

その名の通り、申込を行ったその日に融資を受けることのできるカードローンの特徴について、まずはしっかりと知るようにしましょう。

 

カードローンとは?

カードローンとは、文字通りカードを使用してお金を借りるローンのことです。
借入専用のカードをATMやCDに投入して、現金を引き出すことで借入が成立します。

 

ちょうど銀行の預金口座からキャッシュカードを使用して現金を引き出す要領ですが、あくまで借入であって自分のお金を引き出すわけではありませんので勘違いしないようにしましょう。

 

ちなみにATMとは「現金自動受払機」のことで、現金の入金・出金の両方を取り扱うことができます。一方CDとは「現金自動支払機」のことで、現金の出金は可能ですが入金を行うことはできません。

 

カードローンでは返済時でも借入カードを使用できますが、CDでは返済(つまり入金)を行うことができないことに注意しましょう。

 

最近のカードローンでは、借入の際カードを使用しないで、融資金を指定した金融機関の口座に振り込むサービスが付与した商品も多くなっています。

 

インターネットや電話などから申込を行うと、早ければ瞬時に振込が完了します。
中には「カードレス」のカードローン(?)も登場しており、わざわざ店舗などに訪問する必要がなく、多忙な方でも安心して利用することができるようになっています。

 

カードローンには借入可能な「借入限度額」が設定されています。
審査により決定された「借入限度額」の範囲内であれば、基本的にいつでも自由に融資を受けることができます。

 

一度借入限度額いっぱいまで融資を受けた場合でも、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を使用して何度でも融資を受けることが可能です。
このような金銭契約を「当座貸越契約」といい、カードローンの大きな特徴となっています。

 

カードローンの資金使途

このような特徴を持つカードローンは、なぜ「即日融資」に最適なローンといえるのでしょう。その理由のひとつに「資金使途」があります。

 

「資金使途」とは、借りたお金の使い道のことで、基本的にカードローンは「資金使途が自由」なローンです。

 

生活費の足しに、友人との飲み会代に、彼女とのデート代に、家族との旅行代に、自分の趣味のために、といった様々な用途に自由に使うことができます。借入の都度その理由を金融機関に申告する必要もなく、そのための書類なども特段準備する必要はありません。

 

少し考えてみましょう。
資金使途が限られている場合、審査する側としてはその資金使途が妥当なものなのか調査する必要があります。

 

資金使途を証明するために提出された書類も確認しなければならず、その分審査にも時間を要することになるでしょう。カードローンにそのような側面が全くないわけではありませんが、基本的に資金使途自由なカードローンは、その分審査にかかる時間も短くすむことで、即日融資も十分対応可能となるわけです。

 

ただしカードローンは、基本的に「個人ローン」に分類される商品です。
そのため法人の事業資金や、個人事業主の営業資金としては利用できません
また競馬やパチンコなどのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。

 

「カードローンで借りたお金を何に使うのか申告しないでいいので、このような目的に使ってもばれないのでは?」多くの方がこのような考えを持たれるかもしれません。しかしなんらかの事情で、金融機関側もカードローンの資金使途を調査することもあります。

 

その際、禁止されている資金使途に使っていることが判明すると、即座に一括返済を要求されるだけでなく、契約違反として違約金を要求されることもあります。さらに万が一返済できない状態で、自己破産などの手続きに入ると、資金使途違反の借入は免責不可、つまり借金を整理できない危険性もあります。

 

カードローンが便利だからといって、絶対にこのような使い方を行うことのないように注意しましょう。