即日融資の申込方法

一昔前まで、金融機関でお金を借りる場合には、店舗に足を運んで手続きを行う必要がありました。店舗の開店時間も限られており、日中多忙な方は仕事を休む必要もありました。

 

しかし最近では、このような心配はありません。
様々な申込方法が確立されていますので、自分の都合に応じた方法を選択できるようになっています。

 

しかし「どうしても今日中にお金を借りたい」という場合には、どのような申込方法でも良いわけではありません。「即日融資」を希望する場合の申込方法について考えてみましょう。

 

店舗・無人契約機の場合

これまでと同様、店頭や無人契約機に足を運んで申込を行う場合はどうでしょうか。
審査スピードも向上した今日、申込を行ったその場で結果を知ることも可能になっています。
審査回答時間は最短で30分程度ですので、十分即日融資が可能といえるでしょう。

 

とくに無人契約機は、比較的夜遅くまで稼働しています。
大手消費者金融など、無人契約機を導入している金融機関は限られていますが、仕事の帰りなどでも十分時間を取ることができるでしょう。

 

審査にさえ合格できれば、その場で契約を行い、借入カードが発行されます。
脇に設置されているATMやCDからその場で借入を利用することも可能です。

 

インターネット・電話の場合

インターネットや電話を活用した申込はどうでしょうか。
審査結果は最短で30分程度で、メールや電話などで回答されます。
ただし契約や借入カードの受け取りは、直接店頭や無人契約機で行うことが必要になってきます。

 

審査結果を持参して、契約などを行うことで初めて借入を利用することが可能になります。
とくに手続きを「郵送」などに指定した場合は、数日間は必要となりますので注意しましょう。

 

融資金の振込サービスを利用する場合には、即日融資も可能です。

指定した金融機関に早ければ瞬時に振込が完了します。

 

ただし金融機関の当日の振込対応時間は、通常は平日の14時までとなっています。
借入先の提携金融機関の口座以外の振込は、この時間を過ぎると当日不可のケースもありますので注意しましょう。

 

このあたりの対応は各金融機関で異なります。
どうしても即日融資が求められる場合には、必ず金融機関に相談するようにしましょう。

 

郵送の場合

普通に考えると、郵送で借入申込を行う場合には、日数がかかることは想像できるでしょう。
申込書などを速達で発送したとしても、審査開始はその書類が金融機関に到着してからとなります。そのため即日融資を条件とする場合には、郵送での申込は避けることが賢明です。