即日融資で審査落ちしないために

「どうしても今日中に借りなければいけないけど、審査に合格できるかどうか不安」
このように感じる方も多いのではないでしょうか。

 

カードローンの審査は、一度審査を受けてみなければその可否はわかりません。

ただし申込の時点で収入などの属性を変更することは、まず不可能です。
しかしなるべく「審査に落ちないため」の注意点というものは存在しています。

 

即日融資の利用を望まれる方は「どうしても借りなければいけない」という心理的に追い詰められることもあります。そのため自分から、審査に不利な行動をとってしまうこともあるでしょう。

 

ここでは即日融資の審査に落ちないためのポイントについて考えてみましょう。

 

嘘の申込みをしない

「どうしても借りたい、借りなければいけない」
このような方は、自分をよく見せたいために、申込内容について虚偽の申告を行うことがあります。

 

  • 収入を多く記入する
  • 他社の借入を少なく申告する
  • 勤続年数を長く記載する

 

このような嘘はすぐにばれるだけでなく、審査結果にも悪影響を与えることになります。
仮に嘘をつかないでも十分合格できるだけの能力があったとしても、たった一つの嘘が致命傷となることもあります。

 

審査を行う側は金融のプロです。
素人がついた嘘はすぐにばれてしまいます。

 

最近では審査にもコンピューターが導入されていますが、不自然な点はすぐに判明するだけの能力も備えています。

 

あなたは嘘をつく方を信用できるでしょうか。
金銭契約はお互いの信用が重要ですので、決して嘘の申告は行わないようにしましょう。

 

記入間違いをしない

嘘をつかないまでも、単純に記入間違いを行う方が意外と多くいらっしゃいます。
意図的ではなかったとしても、カードローン会社からしたら嘘の申告と判断されることもありますので注意しましょう。

 

最近ではスマートフォンなどの入力ミスも多くなっています。

あわてて間違いをしないように、申込では最新の注意を払うようにしましょう。

 

限度額は控えに

「どうせ借りるならたくさん申し込もう」
このような考えを持たれる方もおられるかもしれませんが、まずは必要最低限の借入限度額に抑えるようにしましょう。

 

高額な申込自体が審査に悪影響を与えることもあります。

特にはじめての利用の方が、高額融資を申込むと、会社側も後ろ向きにとらえる危険性があります。まずは限度額を控えめで申込んで、会社との信頼関係を構築することを考えてみましょう。

 

申込みは1社づつ

これも「どうしても借りたい」という気持ちが強い方が失敗する事例です。
いちどにたくさんの先で申込を行うと、申込情報は即座に個人信用情報に反映されますので、それだけで審査に不利となります。

 

「ひょっとしてお金に困っているのでは」
「一気に借りて逃げてしまうのでは」

 

このような疑念を持たれると、もほや審査には合格できません。
あせる気持ちはわかりますが、申込は1社づつ行うようにしましょう。