即日融資を収入証明書不要で!!

カードローンの申込時の必要書類に「収入証明書類」があります。
申込者の収入状況は、借入後の返済にも大きなポイントとなるものです。
そのため金融機関は、収入証明書類により申込者の収入状況を確認して審査に反映させます。

 

一方最近では「収入証明書類不要」とするカードローンも登場しています。
即日融資を売りとする金融機関では、利用者の利便性を高めるために、少額の利用であれば収入証明書類を必要としないサービスを展開しています。

 

  • 「市役所に行く時間が無い」
  • 「給与明細を紛失してしまった、会社に再発行を依頼しても日数がかかってしまう」

 

このような場面では利用者にとってもありがたいサービスといえるでしょう。

 

収入証明書類不要の条件

2010年に施行した改正貸金業法では、貸金業者は次の場合には利用者から収入証明書類の提出を受け、利用金額が「年収の3分の1を超えないこと」を確認するように義務つけられました。
この制度を「総量規制」といい、その条件は次の2点です。

 

  1. 自社の利用金額が50万円を超える場合。
  2. 自社と他社の利用金額の合計が100万円を超える場合。

 

逆にいえばこの金額を下回る利用であれば、法律上は収入証明書類で利用者の年収を確認する義務は無いということになります。

 

つまり申込金額がこの条件を満たしている場合、収入証明書類提出不要とする金融業者も問題ないということになります。この点を考量して利便性を高めたのが「収入証明書類提出不要のカードローン」となります。

 

一方「総量規制」の対象とならない銀行カードローンでは、法律上収入証明書類不要とする条件はありません。そのためこのようなサービスを、どの金額で提供するかは銀行次第ということになります。

 

一般的な金額としては「100万円」がベースですが、さらに高額の利用でも収入証明書類提出不要としている銀行もあります。中には「300万円」程度の金額でも不要とする銀行も登場しています。いうまでもなく、利用する側としては収入証明書類を準備する手間が省けるありがたいサービスといえるでしょう。

 

審査の過程で要求されることも

収入証明書類提出不要としているカードローンの商品案内などをよくみてみましょう。
必ず次のような文言を見つけることができます。

 

「ただし審査の過程で提出を求めることもありますのでご了承ください」

 

つまり申込金額の条件を満たしている場合でも、審査が進むにつれて収入証明書類が必要となることもありえるということになります。とくに勤務先が中小企業や、勤務形態がパートやアルバイトといったケースで、このような傾向が強くありますので注意しておきましょう。

 

「即日融資」を希望する方は、いざという場合に慌てないためにも、収入証明書類はできるだけ事前に準備しておくことをおすすめします。